Read Article

知っていますか?正しい夏場のニキビケア対策方法

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
知っていますか?正しい夏場のニキビケア対策方法

夏場になると、35度を超える猛暑日が続きますよね。汗もたくさん出てきて体も顔もベタつきがち。ですが、そのベタつきをさっぱりしたいからといって、何度もシャワーを浴びたり洗顔をしていませんか?

もしそうなら、ニキビを悪化させかねませんよ。

洗顔のしすぎは完全にNG

ニキビケアの観点で見ると、何度もシャワーや洗顔をしたりするのはよくありません。もちろん、汗を拭いて清潔に肌を保つということはとても大切です。

ですが、一日に何度も洗顔やシャワーを浴びてしまうと、肌に必要な油分まで洗い落としてしまいかねません。そうすると、肌は油分が不足していると勘違いして油分を分泌するようになってしまいます。

せっかく洗顔したのにまた油分が分泌されてしまっては意味がありませんよね。何度も洗顔していると、油分が過剰分泌されてしまい、ニキビを悪化させかねません。ですから、石鹸や洗顔フォームを使っての洗顔は一日2回までに留めておくのがとても大事になります。

もちろん洗顔の時は、ふわふわの泡に泡立てて直接手が肌に触れないようにすることが大切ですよ。

洗顔以外でさっぱりする方法

洗顔がダメ!となると、他にいい方法はないの?と思いますよね。もちろんあります。汗を放置してしまうとニキビの原因になってしまうので、もちろん拭き取ることは大切です。髪の生え際、首周りや背中、胸元などはタオルで拭き取るのもOK。

ただ、メイクをしている場合の顔は少し注意が必要です。ファンデーションを塗っている場合はメイクが崩れない程度にタオルで汗を拭き取りましょう。ぽんぽんと優しく抑える感じで拭くのがよいでしょう。顔の油はあぶらとり紙を使わず、ティッシュで軽く拭き取るだけでも効果があります。

夏だからこそ保湿が大事

意外と忘れがちなのが保湿です。エアコンのガンガンに効いた室内で仕事や勉強をすることは多いと思いますが、実はエアコンの風を直接受けてしまったりすると、肌は乾燥してしまいます。

肌の水分が不足して潤いがなくなると、肌の免疫機能が低下してしまい、肌表面の油分と水分のバランスがとれなくなってしまいます。すると、肌は油分を過剰に分泌してしまいます。

ですから、夏場のニキビケアには洗顔の鉄則を守ることと同時に保湿もしっかりすることが大事になります。朝晩の洗顔後は化粧水や美容液、乳液などでしっかり保湿することが大切。

オイリー肌の人はさっぱりタイプの化粧水でも大丈夫ですので、「保湿が大事」と覚えておきましょう。

夏は日が長いので、つい夜更かしをしてしまったり食べ過ぎてしまったりということがあります。ですが、不規則な生活はホルモンバランスやスキンケアの観点からするとNG。

規則正しい生活をして、夏場のニキビをケアしていきましょう。

Return Top