Read Article

ニキビを治してから転職もして、あたらしい出会いと仕事を楽しんでいます

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ニキビを治してから転職もして、あたらしい出会いと仕事を楽しんでいます

ニキビが治って生活が少し変化した人を紹介するコーナー、今回紹介するのは関東に住んでいる30代女性、Y.Hさん。

Y.Hさんは10代、20代をニキビ肌で過ごしたせいですっかり対人恐怖症のようになってしまったそう。対人恐怖症ってどんな風になるかわからない方のために少し説明します。

対人恐怖症はいわゆるあがり症や、他人と話すのが怖い思ってしまう症状のこと。社会生活にも影響がでてくる厄介な神経症です。

人前で自分の顔が赤くなってるんじゃないかと心配したり、他人の視線や表情を極度に気にしたり、自分の顔が醜いと思い込んだり(実際にはそれほどでもないのに)という症状があります。他にもありますが大まかにはこのような感じです。

そんな対人恐怖症のような症状が出ていたY.Hさんは恋愛も怖くなってしまったそうです。そんなY.Hさんもニキビが治ってからは、かなり前向きになれたようですね!

Y.H 30代前半 関東在住 女性

l201004291600

ニキビで悩み続けていた10代20代は本当にもったいない時間を過ごしていたと感じています。お肌がニキビで荒れているという思いが強く、対人恐怖症の様になっていました。

恋愛面でも逃げていたんです。職場も接客業は無理と思って、事務仕事を選んでいました。でもニキビを治してから、前向きになって、楽しい毎日です。転職もして、あたらしい出会いと仕事を楽しんでいます。ニキビでこんなにも人生に変化がおきると思いませんでした。

ニキビを治して前向きになれてよかったなあと思っています。

ニキビを克服して転職や出会いに積極的になれた

Y.Hさんはニキビを克服してからというもの、10代20代で得ることが出来なかったものを一気にかき集めていったのではないかと個人的に思います。ニキビが治って前向きに生活できるようになったら本当に嬉しいですよね。

ちょっとでも前向きに楽しく生活できるようになったら、かなり楽になると思います。ニキビで悩んでいるのであれば、早めに治して置いて損はありませんよ!

Return Top