Read Article

ニキビが治ってから引っ込み思案だった性格が改善し友だちが自然と増えました!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ニキビが治ってから引っ込み思案だった性格が改善し友だちが自然と増えました!

ニキビが治って生活が少し変化した人を紹介するコーナー、今回紹介するのは東北地方に住んでいる30代女性のs.kさん。s.kさんは中高大と10年ほどニキビに悩まされて、自分のニキビ顔がコンプレックスで人と会うのも嫌になっていたそう。

皮膚科にいってから治療を受けた結果、ニキビが減ったようですね。

s.k 30代前半 東北在住 女性

140110mikuno

私は現在30代の女性です。中学生の頃からニキビが徐々に増えてきて、その後高校生、大学生とニキビがいっこうに減らずにいました。そのうち、ニキビがある顔にコンプレックスをもつようになり、人と会うのも嫌になるほどになったときもありました。

そんな私が、20代の後半に良い皮膚科に出会い、ニキビが劇的に減りました。
ニキビが減ると、どんどん変わっていったのが自分自身の見方です。それまでは、相手のことが気になって、気になってしまい自分が心から付き合えるという友だちもあまりいませんでした。

しかし、ニキビが治り、自分の外見ばかり気にしていて、引っ込み思案だった性格が改善され、友だちが自然と増えました。

ニキビが治ってからは友達が自然に増えた

ニキビが治ってから、s.kさんは引っ込み思案な性格が改善されたみのだそうです。友人が増えたのも変わったところの一つでしょう。

ニキビができて一番困るのは、恥ずかしいとか、見られたくないという気持ちが前に出てくること。本当は気にする必要がないのに、神経質に気にしてしまうのです。

人からすると別になんとも思ってないのに、「あの人もしかして私の肌汚いと思ってるんじゃ…?」というような想像を勝手に膨らませてしまうのです。

言ってしまえばただの自意識過剰なのですが・・・。ですが、仕方ないといえば仕方ありませんよね。s.kさんは結局皮膚科での治療が必要だったそうですが、まだニキビが黒ニキビとか凸凹になっていないうちは皮膚科に頼らなくても自分のケアで治すことはできますよ。
ニキビで困っているなら早めにケアしてしまったほうが気分的にもラクですので頑張りましょう!

Return Top