Read Article

お尻や背中のニキビは7、8月のケアで大きく変わる。もう手遅れなんて思わないで!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
お尻や背中のニキビは7、8月のケアで大きく変わる。もう手遅れなんて思わないで!

夏は真っ盛りで、休みの日に友達や彼氏とプールや海に出かける予定の人も多いことでしょう。
でも、今このタイミングでニキビがあることに気づいた!キレイにする方法はある?という疑問を持ってませんか?

ぶっちゃけますが、そんなの無理ですよ!

7月や8月のこのタイミングで背中ニキビやお尻ニキビをキレイにする方法なんて残念ながらありません!

こればっかりはどうしようもありません。
どうしてかというと、肌のターンオーバーの関係でニキビやニキビ跡が綺麗になるまで最低でも1~3ヶ月は期間が必要だからです。

しかも背中やお尻は跡が残りやすい場所でもありますし、それよりもう2ヶ月プラスして半年くらいはみてケアしておくのがベターなんですよ。

というわけで、気づくのが一足遅かったあなたは残念賞!また来年がんばって!
・・・・というのはあまりにも無慈悲すぎるので、こう考えてみてはどうでしょうか?

今から背中やお尻ニキビをケアすれば、冬の温泉シーズンには十分間に合うし、来シーズンまでケアを続ければかなりキレイな肌になっているはず」と。

背中やお尻のニキビ・ニキビ跡は出来やすいし治りにくい

今すぐ治ってほしいのに先のことなんて考えられない!って思うかもしれませんけど、ちょっと気持ちに余裕を持ちませんか?

余裕のない人は好かれません。余裕を持って他人に接することで人の気持ちも掴めるというもの。
まず背中ニキビやお尻ニキビは出来やすい上に治りにくいということを知っておきましょう。

背中は皮脂が分泌されやすく、お尻は常に負荷がかかる場所

背中やお尻のニキビは治っても治っても繰り返しすぐできちゃうんですよね。
その理由は、どちらも負担がかかりやすい場所ということにあります。

背中やデコルテは皮脂が顔と同じくらい分泌されやすい場所な上に汗もたくさんでますから蒸れやすいんです。
皮脂の出過ぎによるアクネ菌の増殖だけでなく、蒸れによるマラセチアというカビ菌も背中ニキビには関わっています。

そのため、夏の時期はどうしても背中ニキビが増えやすいのです。
なので背中ニキビの対策方法としては、とにかくお風呂などでキレイに皮脂・汗による汚れを落とすことが大事ですし、たくさんでてくる汗の対策も必要

女性の場合は男性みたいにTシャツ一枚で出歩いたりっていうのはなかなか難しいですよね。
夏でも重ね着することが多いですが、通気性が良くて汗を吸収してムレにくいインナーを着用するなどで対策しましょう。

お尻は体全体の体重を受け止める場所ですから、当然負担も大きいです。
そのためかお尻の皮が厚くなって毛穴を塞ぎ、ニキビができやすくなってしまうんです。

ちょうど坐骨がある場所にできると座るときかなり痛いので柔らかいクッションなどを利用して痛みを和らげることも大切!
「痛いけど我慢しよ・・・」とそのままにしていると余計悪化して、黒ずんだニキビ跡が出来やすいです。

なので、できるだけ負担を軽くしてニキビへの刺激がないようにしましょう。

ツルッとキレイな背中・お尻になるには最低3ヶ月は必要

背中やお尻はニキビがしつこく出来る場所でもありますが、治りにくくニキビ跡も消えにくい場所なんですよね。

ですから、これから海やプールに出かけますよという時期に気づいても後の祭りというわけ。
とはいえ気づいたものはしょうがない。悪化してニキビ跡をいつまでも残さないためにも今からでもケアしていくことが大切です。

例えば、今年の冬は温泉旅行に行くとか、来年の夏こそは海やプールに行く!という目標をたてて今からケアし始めれば余裕で間に合っちゃいますね。

出遅れた夏のニキビケア、何をすればいいの?

出遅れたからもう諦めよう・・・そう思っているかもしれませんけど、そのまま放置してるともっと汚い背中やお尻になるかもしれませんよ?

ですから、今からできることはちゃっちゃと始めるべき。

夏の出遅れニキビケアですが、上でも書いたようにまずは背中やお尻を清潔に保つように心がけて下さい。

お風呂あがりにはニキビを抑える成分だけでなく、殺菌成分や固くなった肌を柔らかくする保湿成分がしっかりと含まれたジェルを活用して下さい。

参考記事:背中や二の腕ニキビをケアしてつるスベ肌にする背中ニキビケア商品ランキング!

次に食生活を見なおしてみてください。
お肉ばかり食べてるとか、間食にケーキやドーナツなど甘いものをよく食べる・・・そういう習慣は栄養の偏りにつながり、ニキビなどの肌荒れをひっそりと引き起こしています。

必要に応じてビタミンなどのサプリを活用することで、食事で足りない栄養分を補給することも大切ですよ!

また、運動と睡眠はスキンケアには無関係と思いがちですが大いに関係あります!
スロージョギングなどの適度に負担のかかる運動は成長ホルモンの分泌を促進しますし、睡眠でも22時~2時の間は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯。

睡眠時間を6時間以上確保して成長ホルモンがたくさん分泌されることで、傷んだ肌の修復もより早くなることが期待できるんですね。

ですから、背中やお尻ニキビケアに出遅れたしまった人はこれらを意識して生活習慣を少しずつ改善してみてください。

えっ!こんなに面倒くさいの?!ニキビケア向けの化粧品使うだけじゃダメなの!?と感じるかもしれません。
確かにそれだけでもいいんですけど、より効果アップを狙うなら生活習慣改善や皮脂や汗汚れの予防は大事です。

ニキビケア化粧品だけでも一瞬だけニキビが綺麗になるタイミングはあります。
ありますけど、繰り返す頻度は同じまま・・・。これではいつになってもニキビ跡が消えてくれません。

ニキビ跡をつるつる肌にするために、ニキビが出来る頻度を減らす必要があるんですよ!

その辺りを意識すれば、大変だけどやってみようかなという気持ちになってきますよね?

まとめ

肌トラブルはスキンケアだけやってれば治る・・・そんな価値観はもう古いです!
体の内側からも外側からも両方スキンケアすることが今の肌トラブル改善の常識

背中にはとりあえず保湿ジェル付けておけばいっか・・・そんな考えだといつまでたっても背中ニキビもお尻ニキビも綺麗になりません!

大変かもしれませんけど、「冬にはキレイな背中で出かけられる!」「来年の夏こそ海に行こう!」という気持ちで、頑張って生活習慣の改善にも取り組んでみましょう!

→ お尻ニキビに使える化粧品はこちらでまとめています

→ 背中ニキビに使える化粧品はこちらでまとめています

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top