Read Article

何度もしつこい!あごにニキビができる最も多い原因と超具体的な治し方・対処法

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
何度もしつこい!あごにニキビができる最も多い原因と超具体的な治し方・対処法

朝起きて鏡を見た時、なんかぽつっと出っ張った部分が…「あっ、ニキビ…しかもあご…」
こんなことって結構頻繁にありませんか?朝起きた時、気がついたらニキビができていたとか、私はよくあります。
あごに出来るニキビは大人ニキビの代表格(?)といってもいいほど繰り返すニキビなんですよね。

思春期ニキビがおでこなど顔の上側に出来やすいのに対して、大人のニキビはあごや頬など顔の下側に出来やすいのが特徴。
なぜあごにニキビが出来てしまうのか?そしてその対処法は?…気になりますよね。
ここではそれらについて見ていきたいともいます。

あごニキビが出来てしまう原因はいろいろ!ストレスだけじゃない!

こういうとアレですけど、あごニキビが出来てしまう原因は様々です。
人によって個人差があるので、一概にコレですと決めつけることは難しいんですよね。
その中でも最も多いものがストレスと言われているわけですが…

個人的にはあごニキビの原因にストレスを一番最初に考えるのはナンセンスだと思います。
どうしてかというと、ストレスは誰だって平等に受けているからです。
普段生活していれば、仕事やストレス、家庭などちょっとしたことでイラッとしたり、プレッシャーがかかる場面は多いはず。
その中でどうストレスと向き合っていくか、解消していくか?が大事なんですよね。

ストレスの上手な発散方法を身につけることができれば、いちいち「ストレスがー」って言わなくても良くなります。
それに、一概にストレスが原因といってしまうと「ストレスをためない生活をしましょう」もしくは「ストレスを発散しましょう」としか言えず、具体的な対策をだせないんですよね。

こういうとき、大抵の場合は次の式を思い浮かべがち。

ストレス → ニキビ発生 

これは正しくありません。ストレスとニキビの間の要素がすっぽぬけています。

ストレス → 何かしらの不調 → ニキビ発生

これが正しい式ですね。ストレスが直接ニキビ発生に関与しているのではありません。
ストレスが引き起こした体の不調がニキビを引き起こしているのです。

具体的に、ストレスが原因で過食気味になったとか、お酒の量が増えた、寝られなくなった、便秘になった・・・・こういう場合は対処法も見えてきます。
ストレスは直接ニキビができるのに関係しているのではなく、間接的に関与していることをお忘れなく。

とはいうものの、体不調であるストレスを減らせばニキビが出にくくなるのも事実ですので、上手に折り合いをつけてみてもらえればと思います。

あごニキビがバンバンできるNGな行動って?

さて、ここからはあごにニキビが出来てしまう原因について「超」具体的にお伝えしていきたいと思います。
ここで書いたことはあごニキビだけでなくニキビ全般に言えることだと思いますが、意識するのとしないのでは全然違いますからね。
あごニキビを対策しようと思って見なおしてみたら、ニキビ自体ができにくくなったということも期待できますからぜひとも取り組んでみてもらえればなと思います。

洗顔するときゴシゴシこすってしまう

当然ですが、洗顔するときに肌をゴシゴシとこするように洗うと肌に刺激となってしまいます。
肌に刺激となるということは、肌荒れしている最中であればもっと荒れてしまう事も考えられますね。

ニキビが悪化してキレイに治ってくれないと、ニキビ跡になって長いこと残ってしまう可能性も。
そうならないように、石けんをたっぷり泡立てて優しく丁寧に洗うのが大切ですよ!

洗い残しがあってもニキビができやすくなる

強く洗うのもダメですが、弱すぎるのもダメ。
メイクは落ちにくいものもありますから、できるだけクレンジングとの相性も考えたほうがいいです。
オイルクレンジングならお風呂場で使えばすぐに落とせることがほとんどですし、落とすのに時間もかからないので肌への負担も少なく済みます。
メイクの洗い残しが毛穴に詰まったままだと黒ずみにもなってしまいますし、ニキビができやすくなるので要注意です。

あごを触るのが癖になっている

ふとした時にあご付近に手を当てているとか、無意識に触ってしまう…こういう癖がある人はニキビが出来やすいです。
当然ですが、荒れた肌を触るのは刺激となってしまいます。それに手には雑菌などがたくさんついていますから、手の雑菌があごに付着してさらなる肌荒れ悪化を引き起こすということに・・・。

気がついたらあごを触ってた、そんな癖がある人は意識して触らないように気をつけて下さい。
ちなみにこのクセ、男性の方が多いように思います。

自分のひげを無意識に触っているのかな?と思いますけど、じっくり見たらあごや首付近に赤いニキビが・・・。
男性の場合ヒゲ剃りが刺激になってニキビが荒れてしまうことが多いようですね。
いずれにせいよ、あごへの負担・刺激が増えるようなことはやめるべき。

カミソリで頻繁に口元のひげを整えている

最近は女性でもヒゲに悩んでいるという方が結構います。
30代前後の人が多いように感じますが、ヒゲが伸びるのは女性ホルモンが減少してきて男性ホルモンが相対的に増えた結果と言えるかもしれません。

女性ホルモンは年々減少していきますからある意味仕方ないのですが、豆乳や豆腐、納豆などの大豆製品には女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンが含まれていますので、それらを積極的に摂取することである程度は対策できると考えられます。

口元やあごのヒゲを必要以上に気にして触ったり、カミソリで剃ったりしているとニキビ悪化の原因となってしまいます。
最近では女性のひげ脱毛も行っているエステサロンもありますから、そういったサービスを利用することで面倒なヒゲの処理を省くというのもありだと個人的には思います。

動物性タンパク質の摂り過ぎと食物繊維の不足

タンパク質には動物性と植物性の二種類があります。動物性というとどんなものを思い浮かべるでしょうか?
一般的なものはお肉や魚ですが、卵などにも動物性のタンパク質が含まれています。

動物性タンパク質は摂取し過ぎると腸内環境を悪化させ、便秘などにつながります。
便秘になるとニキビも出やすくなり、便やおならが臭くなってしまうという様々なデメリットがあるんですよね。

それを解消するには食物繊維を多く含む食材を食べたり、植物性のタンパク質と動物性タンパク質をバランスよく摂取するということが大事になってきます。
まあ単純に言えば、お肉などの食べ過ぎには気をつけて!ということですよね。

もちろん全く食べないとそれはそれで栄養が偏ります。なので、バランスを意識することが大事ですよ!

寝るときにうつ伏せで寝ている

朝起きた時、無意識のうちにうつ伏せになっていた…ってこと、ありませんか?
うつ伏せで寝てしまうと枕や布団に顔が擦り付けられてしまい刺激となってしまいます。さらに言えば、数日枕カバーなどを洗濯していない状態であれば雑菌などが増えている可能性もあるため、あまり清潔とはいえないんですよね。
定期的に洗うのが理想的ですが、なかなか難しいですよね。

ですので、できるだけ仰向けで枕に顔を押し付けて寝ないように意識してみてください。
うつ伏せで寝るとニキビができるだけでなくほうれい線が深くなってしまうというデメリットもありますからね。

喫煙の習慣がある

タバコを吸っているという人は注意をしたほうがいいかもしれません。
どうしてかというと、タバコには血管収縮作用があるからです。

毛細血管などが縮小してしまうと、睡眠時に肌の修復のための栄養が行き渡らなくなってしまいます。
ですので、肌修復のためにはできるだけタバコは吸わないというのがベストといえます。

…とはいえ、エステティシャンの方でもタバコを吸っている人もいるみたいですが(笑)
タバコを吸っていてあの美貌を維持できるのはそれはそれで驚きですよねぇ。

運動なんてまったくしていないから完全に運動不足だ

仕事ばかりしてて運動する時間もない・・・そんな人は、できるだけ運動したほうがいです。
他の記事でも何度繰り返していますが、運動はスキンケアや美肌ケアにとっては非常に効果的なんですよ。

どうしてかというと、運動することで成長ホルモンが分泌されるからです。
成長ホルモンは肌の修復のためには不可欠なので、その分泌量増えるということは若々しさをキープできるということでもあります。

毎日30分程度のウォーキングやジョギングでもいいので、続けてみると肌荒れしにくくなるのを実感出来ると思いますよ。

体の冷えを対策せずそのまま放置している

女性の場合は男性よりも体が冷えやすいというのはご存知のはず。冷え性だという方も多いでしょう。
でも、冷えの対策をしないままだと体が温まらず血液循環が鈍ってしまいます。

なので、栄養素が肌に行き渡らずニキビなどの肌荒れが治りにくいんです。
ですので、できるだけ体を冷やさないように生活することが大事になってきます。

化粧水だけつけて終わりっていうのはNG!

当然ですけど、洗顔した後に化粧水だけペペッとつけて終わり!というのは絶対だめ。
洗顔後は肌が乾燥しやすいというのは上で書いた通りですから、そのまま放置すると肌が突っ張ったり赤くなったりして荒れやすくなります
あごなどにニキビができている場合は余計にひどくなったりと散々な結果に。。。
そうならないために、必ず保湿ジェルなどをすぐにつけるようにしてください

保湿ジェルをつけることでつっぱりや乾燥をしっかりと防ぐことができますよ。
あごニキビ向けの保湿ジェルだとパルクレールが今のところおすすめです。

>>あごニキビケアにはパルクレール

新商品なので口コミはあまりないですが、その分私が徹底的にレビューしているので参考にしてみてくださいね。

レビュー記事:【徹底比較】パルクレールの美容液とジェルはどっちを選ぶのがいいの?

まとめ:あごにきびは生活習慣改善とスキンケアの組み合わせで撃退できる!

というわけで、かなーり生活面に焦点を当てた内容でしたが、いかがだったでしょうか?
スキンケアだけやってるという人はもう少し自分の生活習慣を見直すことが大切です。

スキンケアだけやってても、あごニキビは繰り返すのでニキビ跡がだけがどんどん増えてしまいます。
そうならないためには、やはり根本的な生活習慣の見直しが肝心。

せっかくなので、今日できることから始めてみませんか?

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top