Read Article

【徹底比較】パルクレールの美容液とジェルはどっちを選ぶのがいいの?

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
【徹底比較】パルクレールの美容液とジェルはどっちを選ぶのがいいの?

パルクレールは最近出たばかりのニキビケア化粧品ですが、美容液とジェルの2種類が販売されています。
どちらも購入することは難しいので、どちらか片方を選びたいわけですが、どのように選ぶのが良いのでしょうか。

この記事では美容液とジェル、2種類パルクレールを徹底的に比較して、どういった違いがあるのかをまとめてみました。
それだけでなく、美容液とジェルでどんな方におすすめなのかというのもまとめましたので、参考にしてもらえればと思います。

徹底比較!パルクレール美容液とジェルどっちがいいの?

パルクレールは2種類のタイプがありますが、どちらもニキビケア向けの化粧品になっています。
ですから、より詳しくそれぞれの違いについて見ていきたいと思います。

タイプによる違い

palclairbiyoueki_05
まずは美容液の方ですが、こちらは液体タイプなのですぐに乾くため、メイク前に使う場合でもササッとメイクを始められます。
逆に、ジェルの方は美容液よりも乾くのに時間がかかるためメイク前には不向きだといえるでしょう。
いつも朝に余裕が無い・・・という場合は美容液のほうがおすすめです。
朝余裕があって、夜にリフトケアも行いたいという場合はジェルのほうがいいかもしれません。

私の感覚では美容液は20代前半の方、ジェルは20代後半の方にオススメかなという印象です。
ジェルタイプは特に保湿力が高いので、元々肌の保湿力が高い20代前半の方には美容液のほうがいいと思います。

→ ニキビ跡にはパルクレール美容液(公式サイト)

ボディのニキビもケアしたいならジェルがオススメ

palclairgel_02
また、使える場所にも違いがあります。美容液の場合は顔メインで使うことになりますが、ジェルの場合は顔だけでなく背中やおしり、デコルテなど身体にできるニキビにも効果が期待できます。

美容液じゃダメなの?と思うかもしれません。はい、ダメです
なんでかというと、美容液とジェルでは保湿力が大きく異なるため。

美容液の場合はすぐに乾いてしまうため、顔よりも皮膚の厚い背中やおしりなどには美容成分が浸透しにくいのですね。
ですから、顔だけでなく背中ニキビやおしりニキビなどもケアしたい!と思っている方にはジェルがオススメです。

→ 背中・あごの大人ニキビに!【パルクレールジェル】(公式サイト)

セット内容

palclaircolor_01
セット内容ですが、定期購入であれば美容液・ジェルのどちらを購入しても永久保証ニキビ跡を綺麗に隠すカラーコントロールがついてきます。
なので、定期であれば内容についてはあまり気にする必要はないかもしれませんね。

palclaircolor_02

カラーコントロールには、複数の美容成分が含まれています。

★パルクレールカラーコントロールに含まれる美容成分★
ビタミンC、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、アラントイン

これらの成分により、しっかりと保湿を持続させて乾燥しない肌をキープすることが可能。
過剰な皮脂分泌を抑えられるため、ニキビ予防にもつながりますね。

カラーはピンクなので、肌の色合いをキレイに見せることができるはず。
ただ、一般的にニキビ跡を目立ちにくくするにはグリーンが良いとされているので、ニキビ跡を隠すのには不向きかもしれませんね。

効果・効能

パルクレールは美容液、ジェルどちらとも医薬部外品指定を受けています。ですから、公的に効果効能を謳うことが許されているのですね。パルクレールの効果効能ですが、一部を以下にまとめてみました。

★パルクレールジェルの効果・効能★
ニキビを防ぐ
肌を清浄にする
肌荒れ・荒れ性
肌を整える
皮膚にうるおいを与える
皮膚をすこやかに保つ
肌をひきしめる
メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
etc…

美容液・ジェルともに効果効能に違いはありません。
なので、どちらを使ってもニキビやニキビ跡の色素沈着、赤みなどを予防することが可能

効果効能を見ただけでは、どちらを使えばいいかと言うのはなんとも言えなさそうです。

成分

次は成分について。含まれている成分はどちらも似たようなのは否めません。
まずは美容液の方から見てみましょう。

パルクレール美容液の成分

palclairbiyoueki_03

美容液の方の有効成分は、水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2Kの2種類。

パルクレールジェルの成分

palclairgel_07

ジェルの有効成分は、プラセンタエキス(1)、アラントインの2種類。

ぶっちゃけ、有効成分はどちらも2種類のみですので、あまり違いはありません。
ただし、成分を見るとそれぞれ使用目的が違うのがわかります。

美容液の方は美白成分であるプラセンタと抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kを配合しているため、ニキビ跡の色素沈着の予防+現在今あるニキビの炎症を抑える効果があるわけですね。

ジェルの方はといえば、どちらもプラセンタエキスとアラントイン、どちらも美白ケアのための成分となっています。なので、ニキビ跡の消えにくい顎や背中などに使うのがメインとなりそうです。

返品・交換について

上でもお伝えしたように、パルクレールはニキビケア化粧品の中では異例の永久返金保証を行っています。
この保証は定期購入の初回1回分を全額返金してくれる制度。肌に合わなかった時や、やっぱりいらないかなという場合に使うことができます。
ただし、返金してもらうには複数の条件があるので、公式サイトの「永久返金保証制度について」というページできちんと確認しておきましょう。

個人的には返金保証がある商品は手を出しやすいかなーという感じなので、永久とかにしてもられると結構嬉しかったり。
とはいえ、成分的にはニキビケアに十分効果が期待できるので、返金保証を使うことはないかもしれないですね。

価格について

ここまでほとんど大きな違いがないパルクレール美容液とジェル。では価格はどうなのかを見てみましょう。
※なお、どちらも定期購入の場合です。

・パルクレール美容液:4,980円(税抜)→ 5,378円(税込)
・パルクレール美容液:5,200円(税抜)→ 5,616円(税込)

税込価格はどちらも5000円を超えますが、ジェルの方がお得に見えますね。
実質的な内容量についてもジェルのほうが多いです。

どちらもオールインワンではありますが、ジェルの方が一度にたくさん使えるというメリットがありますね。
一方美容液は内容量もそれほど多くないので、朝晩使う場合は気をつけないといけないかも。
乾燥がひどい時は重ね塗りしたくなりますが、別の美容液やクリームで乾燥を防ぐ必要があるかもしれません。

そう考えると、ジェルのほうがコスパが高いといえるでしょう。

しかし、上でもお伝えしたように、美容液の方がサッと乾くので、使い勝手は良いです。
どちらも一長一短があるので自分にあったタイプを選びたいところですね。

定期購入の回数縛りについて

定期購入について・・・・価格とセットについては上述したとおりですが、お得な定期購入には回数縛りがあります。
具体的には、4回受け取りが必要となっています。途中で「定期辞めよう」となった場合は返金保証を使うことになります。

返金保証を使わずの返品はできません。また、4回受け取り以降は返金保証は使えなくなるようです。この条件を見ると、永久じゃないような気がしますね。。。念のため、その点は注意しておきましょう。

ちなみに、4回定期購入した場合の金額は次の通り。

・パルクレール美容液:5,616円(税込)× 4回 = 22,464円(税込)
・パルクレールジェル:5,378円(税込)× 4回 = 21,512円(税込)

4回目まで購入しても、あまり金額的な差はないですね。
定期購入であれば、どちらを選んでも価格的にはほぼ一緒と言えるでしょう。

ジェルと美容液、最終的な選び方とは・・・・?

ここまでじっくりとジェル・美容液について比較してきましたが、セット内容も効果効能も、そして価格的にもほとんど一緒で違いがないパルクレール。

では最終的には何で選べばいいのでしょうか?
わたし的には、自分の肌質、もしくは自分の現在の年齢で選ぶべきじゃないかなーと感じました。
効果効能も価格も一緒であれば、より自分の肌に合っているタイプを選ぶのがベストです。

簡単にまとめると次のようになりますね。

美容液・・・20代前半で皮脂の分泌が多くて乾燥知らずな方。
→ ニキビ跡にはパルクレール美容液(公式サイト)

ジェル・・・20代後半以降で肌の乾燥が気になり始めた方、体のニキビが気になる方
→ 背中・あごの大人ニキビに!【パルクレールジェル】(公式サイト)

もちろん自分の使いたい方を使えば良いと思うのですが、肌質にあったタイプを使うほうが効果が期待できますよ。

私は最近はだの乾燥が気になっていたのですが、パルクレールジェルを使い始めてからはカサカサしていた肌(特に頬あたり)がしっとりとしてきたので嬉しいですね!

レビュー記事は以下から御覧ください。美容液はこちら。
→ パルクレール美容液のレビュー

ジェルのレビューはこちらです。
→ パルクレールジェルのレビュー

ぜひ自分にあったパルクレールを選んで、じっくり使ってみてもらえればと思います!

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top