Read Article

敏感肌用の化粧水を使っても肌が荒れる本当の理由は”自称敏感肌”にあり!?

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
敏感肌用の化粧水を使っても肌が荒れる本当の理由は”自称敏感肌”にあり!?

敏感肌用の化粧品を使っていても肌荒れやニキビに悩まされてしまう人が後を絶ちません。「私は敏感肌だから低刺激の化粧品を使っているんだけど何故か肌荒れやニキビができてしまう」と思っているあなた。実は、あなたは敏感肌ではないかもしれませんよ

”自称敏感肌”はキレイになるチャンスを逃してる!

自称敏感肌の怖さは、多かれ少なかれ誰にでもある肌トラブルを「敏感肌だから」と思い込んでいることです。例えば、小さなニキビができたり、カサつきができるなどは本当に誰でもあることです。

このため、自分の肌や年齢に適した化粧品を素直に選べないために、余計にニキビを増やしたり肌が荒れてしまったりというトラブルを起こしやすいのです。どういった人が”自称敏感肌”になりやすいのかというと、神経質で心配症の人に多いようです。

自分に適した化粧品を探すのはとても大事ですが、ある程度の期間をおいてサンプルを試すことが大事です。また、新しい化粧品を使う際は生理前の高温期はなるべく避けるようにしましょう。

自称敏感肌になってしまう理由

なぜこのように自称敏感肌になってしまうかというと、季節の変わり目や生理前の肌荒れ、クレンジングのしすぎ、あるいは不十分など様々です。それに加えて不規則な生活を送っている場合も肌荒れやニキビができやすいので敏感肌と勘違いしやすくなってしまうのです。

敏感肌と勘違いしやすいケース

それでは、敏感肌と勘違いしてしまいやすいケースを見てみましょう。

  • 化粧品でかぶれたことはなく、痒みやヒリヒリもないが自分の肌に納得出来ない
  • 目に見えないザラザラ感やぶつぶつなどが気になる

これらの場合は自分で敏感肌と勘違いしやすいケースです。

敏感肌は「化粧品があわなくてかぶれる」「髪の毛や衣服などが肌に触れただけで痒みが出る」などの状態のこと。「肌がざらつく」「ニキビがでやすい」などを敏感肌と勘違いしているケースが多いのですが、これらは敏感肌ではありません。また、ざらつきは多くの場合小さなニキビです。

ニキビを敏感肌と勘違いして、敏感肌用の化粧品を使うと更に悪化してしまう場合もあるのです。ですので、当サイトの敏感肌診断をチェックして自分の肌を見極めてみて下さいね。どうしても詳しく知りたいという方は美容皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

Return Top